【マイナポイント】Paypayの決済特典とチャージ特典の違いは?

節約情報

みなさんはマイナポイント事業への申し込みは済みましたか?
マイナポイント事業では、最大20,000円分のポイント(第1弾を申し込み済みの人は15,000円分)をゲットできるため、ぜひ活用したい制度です。
申し込む際はポイントを受け取る決済サービスを選択する必要がありますが、Paypayで受け取る場合には、さらに決済特典かチャージ特典を選ぶ必要があります。
本ページでは決済特典とチャージ特典の違いはなにか?どちらがお得なのか?を調査します!

スポンサーリンク

Paypayの決済特典とチャージ特典の違いとは?

マイナポイントを受け取る決済サービスにPaypayを登録しようとすると、
「決済特典」または「チャージ特典」を選択する項目が表示され、どちらか一方を選ぶ必要があります。
決済特典とチャージ特典ってなにが違うの?どちらがお得なの?と気になるところですが、

結論から言うと「どちらを選んでもお得度は変わりません!」

そのため、特にこだわりがなければどちらを選んでも問題ありませんが、
では、何が違うの?というと、それぞれでポイントが付与されるタイミングと条件が異なります。
また、申し込むタイミングにより、注意点も異なるため2つのパターンに分けて解説します。

第2弾からPaypayに申し込む場合

第1弾のマイナポイントはすでに受け取り済みで、第2弾(健康保険証としての利用申込み&公金受取口座の登録)の申し込みを行いたい!という場合は、「決済特典」「チャージ特典」のどちらを選んでも違いはありません。
第2弾での付与分(計15,000円分)についてはマイナポイント事業の申し込み条件を満たしていれば、翌日以降にポイントが付与されるため、特に気にしないで大丈夫です。

第1弾からPaypayに申し込む場合

第1弾から申し込む場合も、「決済特典」「チャージ特典」でお得度には違いがありません。
しかしながら、ポイントが付与されるタイミングと条件には違いがあるため、付与条件にこだわりがある場合には注意が必要です。

チャージ特典を選択した場合ですが、チャージ特典ではPaypayに事前チャージを行うことでポイントが付与されます。
マイナポイント事業では購入額の25%相当(上限5,000ポイント)のポイントがもらえるため、20,000円分のチャージを行うことで即日5,000円分のポイントを受け取ることができます。

一方の決済特典では、Paypayを利用してお買い物することでポイントを獲得できます。
Paypayを利用して支払いを行うと30日後に25%分のポイントが付与されますが、付与上限(5,000ポイント)はチャージ特典と変わらないであるため、お得度は同じになります。

このようにポイントの還元率は同じであるため、ポイントの獲得要件にこだわりがなければどちらを選んでも問題ありません。
すでにPaypayにたくさんチャージしている、20,000円なんて大金入れておきたくない、などの理由がない場合はチャージ特典を選択し、忘れないうちに受け取っておくほうが良いかもしれません。

まとめ

今回はマイナポイントの申し込みをする時に迷いがちなPaypayの「決済特典」「チャージ特典」の違いを調査しました。
両方にお得度に違いはありませんが、第1弾のポイント付与条件が異なっており、事前チャージでポイントを受け取りたい場合は「チャージ特典」、ゆっくりポイントを受け取りたい場合は「決済特典」を選んだほうが良いということが分かりました。
マイナポイント事業は一人当たり実質20,000円もらえるお得なキャンペーンであるため、申し込みが住んでいない人は申し込みを行い、お得な思いをしちゃいましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました